『会議利用者』向けオンラインマニュアル

9. Web会議の開催(会議中の操作)

会議主催者、会議参加者は、案内された会議予約時間になったら、GCgate/Web会議システム にログイン、Web会議を開始します。ここでは、Web会議で使う会議室画面の詳細とその操作方法について説明します。

9.1 Web会議画面の立ち上げ

[私の会議予定]で開催中の会議名(例では「企画会議」)をクリックして、[会議の詳細]画面が表示されます。



[会議の詳細]画面で、[会議室に入る]ボタンをクリックして、[小画面会議室]画面を立ち上げます。
パソコンにWebカメラが接続してある場合、次のメッセージが表示されます。


[許可]をクリックするとGCgate/Web会議システム会議室画面がアクティブになります。


9.2 各機能の説明(小画面会議室)

 ビデオ、音声、チャットを使って、Web会議を始めてください。

①終了ボタン

会議を終了します。

②会議名

開催中の会議名が表示されます。

③ユーザ名

会議に参加中の自分の名前が表示されます。

④リフレッシュボタン

会議への再接続を実施します。

⑤ホワイトボードボタン

クリックすると会議室画面が拡張され[ホワイトボード]画面が表示されます。(操作方法は続いて説明します)

⑥管理者ボタン

会議の管理者の権限が得られます。
(操作方法は続いて説明します)

⑦参加者ビデオ画面

参加者のビデオ画像が表示されます。

⑧カメラ、マイク、スピーカーのコントロール

音量等をコントロールします。
(操作方法は続いて説明します)

⑨参加者リスト

会議参加者名と使用しているデバイス(カメラ、マイク)が表示されます。

⑩チャット画面

チャットメッセージの送受信が表示されます。

⑪デスクトップ共有ボタン

デスクトップ機能の開始や終了ができます。

9.2.1 操作方法の詳細説明

⑤ホワイトボードボタン

小画面会議室のホワイトボードボタンをクリックすると会議室画面が拡張され[ホワイトボード]画面が表示されます。


⑥管理者ボタン

[管理者ボタン]①をクリックすると下記のメッセージ②が表示され、管理者になった参加者のビデオの名前に緑ランプ③が点灯します。また、[ミュートアイコン]④がポップアップされます。

⑦参加者ビデオ画面

GCgate/Web会議システムでは最大20名の参加者による会議が可能です。ただし、小画面会議室では同時に4名までのビデオ画面を表示できます。 ビデオ画面に表示する参加者を変更するには、次の手順で行います。

①まず、ビデオ画面から消去する会議参加者(C)を選んで、マークをクリックします。②のようにブランク画面になります。

②次に参加者リストの参加者の名前をクリックすると表示していない参加者の画面が順番に表示されます。

③クリックした名前の参加者が表示されます。


⑧カメラ、マイク、スピーカーのコントロール

①マイクの音量をコントロールします。
②スピーカーの音量をコントロールします。
③カメラの機能を[ON/OFF]します。
④カメラ、マイク、スピーカーのエコーテストを行います。
⑤カメラの画質を切り替えます。

⑩チャット画面

①カラーパレット画面が表示され、メッセージの文字の色を指定します。
②発信するチャットメッセージを入力し、[送信]ボタンで送信されます。
③ボタンをクリックすると他の参加者に[呼び出し音]を通知します。
④チャットメッセージが表示されます。

9.2.2 エコーテスト

ボタンをクリックすると、[Echo Test]画面が表示されます。

エコーテスト画面では、
① 画面の確認
② マイクの確認
③ スピーカーの動作確認を行えます。

正常であれば、右上の[×]ボタンをクリックして、”GCgate/Web会議システム”画面に戻ってください。

9.3 大画面会議室の操作

通常のWeb会議画面より大きい画面で会議ができます。[会議室に入る]ボタンの下にある[大画面会議室はこちら]ボタンをクリックすると[大画面会議室]画面がポップアップされます。



表示内容の項目を以下に説明します。
終了ボタン 会議の開催を終了します。
会議名 開催中の会議名が表示されます。
ユーザ名 会議に参加中の自分の名前が表示されます。
リフレッシュボタン 会議への再接続を実施します。
カメラのコントロール 解像度などをコントロールします。
管理者ボタン 会議の管理者の権限が得られます。
参加者ビデオ画面 参加者のビデオ画像が表示されます。
マイク、スピーカーの コントロール 音量等をコントロールします。

参加者リスト

会議参加者名と使用しているデバイス(カメラ、マイク)が表示されます。
チャット画面 チャットメッセージが表示されます。

9.3.1 大画面の表示切替え

映像表示(実例:’A’)をダブルクリックすると、大画面に表示する映像が切替わります。

大画面での映像切替え前

大画面での映像切替え後

9.4 ホワイトボードの操作

Web会議の補助ツールとして使用します。操作を行う各機能について説明します。

スライドページ スライド用資料の選択したページがホワイトボードに表示されます。
画像挿入 画像やPDFファイルをホワイトボードに貼り付けます。
スライド削除 選択したページを削除します。削除ボタンをクリックして[削除スライド]メッセージがでますので[OK]ボタンをクリックして削除されます。
ページ数 ページ数と総ページ数の表示をします。
新規ページを追加 新規ページを追加します。
ツールボタン
[プレゼンター]
プレゼンターがクリックするとプレゼンター権限を失い、プレゼンター以外の会議参加者がクリックするとプレゼンター権限が与えられます。プレゼンターはビデオ画像の氏名欄に<プレゼンター>と表示されます。プレゼンターが決定するとホワイトボードのページ追加や削除、移動といった操作が一般の参加者には出来なくなります。
ツールボタン
[ペン]
ホワイトボード上に文字や絵を描画します。
ツールボタン
[消しゴム]
ホワイトボード上の文字やテキストを消すことができます。
ツールボタン
[ペンの太さ]
[消しゴムの太さ]
ペン・消しゴムの太さを調整します。
ツールボタン
[ペンの色]
ペンの色を選択できます。
ツールボタン
[テキスト]
クリックするとホワイトボードにテキスト入力ボックス が表示されます。

①カーソル: カーソルをドラッグして入力場所を移動できます。
②テキストボックス: テキストを入力します。
③カラーパレット: テキストの色を選択できます。
④文字サイズ設定: テキストの大きさを選択できます。

⑤確定ボタン: ①~④がすみましたら確定ボタンで テキスト表示されます。
ツールボタン
[CLR]
ホワイトボード上に表示されている画面をクリアにします。
ツールボタン
[ズームイン]
ホワイトボード上の表示を拡大します。
ツールボタン
[ズームアウト]
拡大表示中のホワイトボードの表示を一段階縮小します。
ツールボタン
[FIT]
拡大表示中のホワイトボードの表示を等倍に戻します。
ツールボタン
[移動]
拡大表示中のホワイトボードの表示位置を移動します。ボタンをクリックすると[指マーク]が表示されますのでホワイトボード画面の任意の位置をドラッグして表示位置を移動できます。
ツールボタン
[オフラインモード]
会議中、オンラインでホワイトボードを見ているときにオフラインモードで他のホワイトボードページを見ることができます。
スナップショット 会議中、ホワイトボードへの書込み又はアップロードした画像とその書込み情報などを画像形式(png)形式でダウンロードできます。

9.5 オンラインプレゼンテーション (スライドの使用)

[会議の詳細]画面で、[資料を開く]ボタンをクリックすると[オンラインプレゼンテーション]画面が表示されます。



[オンラインプレゼンテーション]画面で表示できるファイルは、Officeドキュメント
(*.ppt, *.pptx,*.doc, *.docx, *.rtf, *.odp, *.odt, *.ods)、PDFドキュメント(*.pdf)、
ビデオ( *.mpg, *.mov, *.avi)、画像( *.jpg, *.png) の使用が可能です。
オンラインプレゼンテーションは、Microsoft PowerPoint の様にスライド操作ができます。

スライド画面 会議中に使う[スライド]が表示されます。
プレゼンター [プレゼンター]ボタンクリックして、プレゼンターになると、 オンラインプレゼンテーションのコントロールが可能です。 ただし、[Web会議]画面で、管理者である必要はあります。
オフラインモード 自分のみオフラインでスライドをコントロールできます。
スライドページ スライドのページが表示されます。ページをクリックすると 指定したページのスライドが表示されます。
スライドコントロールボタン
①ボタン操作でスライドの順番を制御します
②画面の大きさを制御します。[FIT]は全画面が見える最大の大きさに調整します。
③スライドナンバーが表示されます。
全画面表示 画面がモニターいっぱいに表示されます。
スライドツールボタン
①[移動]ボタン: 拡大した資料の表示部分を変更します。
②[ポインタ]ボタン: 資料の上に十字のマークを設置します。
③[書き込み]ボタン: ペンで、スライドに書き込みを入れます。

④パレットボタン: 書き込みペンの色を選択します。
⑤消去ボタン: 書き込みを消去します。
⑥会議モニター: 資料を使用している会議参加者が表示されます。(赤いマークはプレゼンターを示します。)

モドル       ススム